北海道の定番となっている身がたっぷりのタラバガニは、「カニを堪能した」という満足感を得る事が出来るのですが、味自体は少し淡泊という性質があるゆえ、「カニ自体のおいしい味を堪能」するにはズワイガニのほうかもしれません。

殻から外したタラバガニの身は濃密な味とはいいにくいですが、それゆえカニ料理の食材としての利用価値は高いと言えます。

身の多さを考えれば、家族全員が満腹感を得たいならば間違いなくタラバガニでしょう。

身の詰まった良いタラバガニを通販でお取寄せしようと思ってカニ通販ショップを探し回っている方も多くいるのではないでしょうか。

そういえば「本タラバ」という名前を見かけることがあると思うのですが、これは身が大ぶりの「本物のタラバガニ」という事から「本タラバ」と言っているそうなのですがご存知でしたか?
身が小ぶりだったらなんというのでしょう。嘘タラバとかいうのでしょうか(違いますね)

さて、質の良いタラバガニの選別法は、外殻が硬く重みが伝わってくるカニが、身が多く詰まっていると教えられました。もし実際にタラバガニをリアルで購入する際はおぼえておくといいと思います。

 
らっしゃいかに市場